もう
― ロータリーの素朴な核心 ―

クラブの事情で2度目の会長を引き受けることとなりました。40年間、頭の悪い私ですが、ロータリーについて一生懸命学習しましたことを振り返り、現在の丸岡ロータリークラブで、会員皆様に何を伝えるかを思い、「不易流行」の「不易」を主に伝え、運営に関しては役員理事をはじめ、会員の皆様にお任せして参りますので、よろしくお願い致します。

Ⅰ.ロータリーの「不易」

① 例会に出席する
② 会費の納入
③ ロータリーの友の購読
④ 定款細則の厳守
⑤ ロータリープログラムに参加
⑥ 新会員の推薦

例会に出席する」については、
ロータリーは、親睦、友愛を基調とする。クラブ奉仕活動より始まり、ここから職業奉仕が生まれ、社会奉仕、加えて青少年奉仕に成長し、それが広がって国際奉仕になったものであり、これを貫く思想が、「奉仕の理想」といわれているものである。このようにロータリーは、他に奉仕する事や、社会奉仕を目的に誕生したものではなく、親睦の間から自然発生的に奉仕の思想が生まれたもので、救世的な意図をもって出発したものではない。したがって、ロータリーの本質を問われれば、「親睦の中から奉仕の理想を生み出す集団」と答えることが出来るであろう。
ロータリアンは、<健全な人>であり、もう死語になっていますが<人品卑しからざる人>という言葉どおり、その人格と品性がロータリアンとして皆さんから認められるよう、お互いに親睦を深め自らを磨く例会にできればと思います。

Ⅱ.ロータリーの「流行」

ロータリーも世の中の流れの中で、「変革、変革」と叫ばれています。
会員増強の為に
① 例会を毎週  ⇒ 月2回以上
② 1業種1会員 ⇒ 5会員
③ 職病分類の大幅緩和
④ RI・地区・クラブのIT化
他にもいくつかの改革が進んでいます。

Ⅲ.丸岡ロータリークラブの会員と共に

1971~1972RI会長アンストGブライトホルツ氏のRIテーマから

“good will begins with you”
善意はまずあなたから

<1>「ロータリーは善意で始まり 善意で終わる」

Without good will
善意と云うものがないなら
Rotary is just social club
ロータリーは唯の社交クラブ
Vocation is only moneymaking
職業奉仕は唯の金もうけ
Community service remains almsgiving
社会奉仕は唯のほどこしに過ぎず
International service is nothing but diplomacy
国際奉仕は外交以外の何ものでもない
(ロータリー入門書  前原 勝樹PG)

<2>科学者は心理を追う

芸術家は美を追う
ロータリアンは何を追うか
ロータリアンは善意を追う
善意なくして ロータリーは  単なる社交クラブ
善意なくして 職業奉仕は   単なる金もうけ
善意なくして 社会奉仕は   単なるほどこし
善意なくして 国際奉仕は   単なる外交に過ぎない。
(林PGメモより)