12月11日(月) 例会報告

12月11日(月)の例会メニュー

  1. 米山奨学金(12月分)授与
  2. ロータリーの友(12月号)
  3. 山下 直前会長より

米山奨学金(12月分)授与

王 丽琴さんからご挨拶いただきました。

「皆さん、こんばんは。

いよいよ12月に入りました。2017年もあと3週間ぐらいしかないですね。先月に紅葉を見に行ったばかりだと思っていましたが、急に寒くなりました。

今年は紅葉を二回見に行きました。一回目は研究室の皆と刈込池に行き、駐車場から喋りながら約1時間の登山後刈込池に到着しました。ちょうどトレッキングに最適のコースですね。さわやかな汗を流して、途中にきれいな景色を見ながら、ゆっくり楽しみました。そして皆で卒業前

に美しい思い出を作りたいので、写真もたくさん撮りました。二回目は留学生の仲間8人で九頭竜湖の紅葉を見に行き、懸け橋からとてもきれいな全景を見る事ができました。二度とも天気がとてもよかったので、福井の秋は、短いですが、今年は秋を満喫しました。

最近は、雨が多く、積雪したので、やはり福井の冬は私の故郷よりも寒いです。皆さんも風邪を引かないように気をつけて下さい。年末時期の現在、皆さんは忙しくなると思います、私も卒業のため一生懸命に実験をやって、データをまとめています。今月中に修論要旨を書き終える予定なので頑張っています。会社からビザ更新の資料も届いて、今書類を準備中です。今週中に入国管理局まで手続きに行きたいと思います。

 

あと2週間でクリスマスですね。
皆さんに「Merry Christmas」!
今度皆さんに会う時は、もう2018年になります。今年一年間、皆さんにいろいろお世話になりました。ありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。」

 

 

ロータリーの友(12月号)解説


上屋敷 貴紀 雑誌広報IT委員長より解説いただきました。

 

 

    • 疾病予防と治療月間(14~15P)

・ グローバル補助や元米山奨学生の縁など、ロータリーの相互扶助の精神が下地にある事業。
・ ネットを利用した遠隔医療システムというIT技術の発展により達成できた事業であり、時代を感じる。

    • 世界のロータリーニュース(26~27P)

・記事紹介。グローバル補助金についてか?

    • ロータリー日本財団 平成28年度事業報告(30P〜)

・支払寄付金と受取寄付金の違いなど、詳細を後日調査する。

    • パズルdeロータリー(37P)

・パズルの試行及び答え合わせ。
・パズルの答え「テレジア海野」氏。

    • バギオ基金が広げる奉仕活動(バギオ基金)(24P)

・記事と今回のパズルの答えであるテレジア海野氏の紹介。


<会員感想>
丸岡ロータリークラブのグローバル補助金申請が承認されたこともあり、今回のロータリーの友はロータリークラブの国際的な繋がりを感じられる内容だった。

(文責 瀬野 友伸)

山下 直前会長より

(杉本前年度国際奉仕委員長 欠席の為)

私が会長の時から申請を始めました国際ロータリーのグローバル補助金の申請許可がおりました。68,000$ 1$=105円換算で、7,140,000円の大きな事業が、ようやくスタートになりました。
申請に携わった東角委員長・杉本委員長・松井会員・現地の通訳田口さんご苦労様でした。
補助金が下りたこれからが本番となります。3年間は事業実施となります。今後とも、皆様のご協力をよろしくお願い致します。まずは、ご報告まで。ありがとうございました。

アーカイブ